人生の質を高めるには

日本人の人間関係は、昔ながらの上下関係が未だに大きく影響しています。先輩が帰らないと新人は仕事が終わっても帰宅しにくい、暗黙のうちにサービス残業が求められるなどはその際たるものです。こういった悪習ともいえる労働環境は、とてもストレスを生みます。簡単に仕事環境を変えられないのであれば、自分自身の考え方を変えるのが懸命です。生活の質を高めるには、まず自分への絶対的な肯定感を持ち続けることも必要です。仕事は仕事と割り切って、休日は趣味に没頭するといいでしょう。またストレスを発散するために、定期的に運動を行うこともたくさんの人が実行している方法です。いずれにせよ、成果が認められそれによって報酬や年収があがるというのが、仕事をする上での大切なモチベーションです。しかし、いくら働いても東京などの都会暮らしは物価や家賃が高く、たくさん稼いでもあまり自分が経済的に恵まれているという実感が薄い人も多いです。東京の物価指数は世界的にも高いランクに位置付けられるため、ある程度は仕方ないことだと割り切ることも可能です。しかしながら、これだけインターネットやデジタル化が進んだ現代社会では、あえて東京に固執しないでも地方で仕事をすることが可能になりました。事実、本社機能を地方に移転する計画が大企業でも進んでいるほどです。あえての地方移住など、発想の転換をしてみることも、自分の人生を豊かにするきっかけになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です